投資はまず資金を守ることから始める!方法と対策を考えよう!早期リタイアのすゝめ

コインが少しずつ増えている写真

いきなりですがみなさんは、自分の生活費を把握しているでしょうか?

投資に関心があってこのページを見ていただいているのだと思いますが、経済的に自由になるためには、守る力・稼ぐ力・育てる力が必要だと思います。

その中で、皆さんは「守る力」はどらくらいあるでしょうか?

私の実際の結果も交えながらポイントを書いていきますね。

この記事を読んで、守る力を高めることで、月に5万円以上を投資に回せるようになると思います!

1,守る力とは?

キーパー

みなさんは何かしらの「収入」を得ていると思いますが、折角得たお金が気が付くと何故か全然ないんだけど?

ってことになっていませんか?

必要経費だったり、付き合いだったり、趣味だったり理由は様々です。

守る力が弱い人は気づいた時には0、若しくはマイナスになってることもあるかもしれません。

まずは、今得られる「収入」を最大限守ることを考える必要があります。

2,敵を把握する!!

軍隊

まずは敵が何なのか把握する必要があります。

支出を「固定費」「変動費」「特別支出」と分けて書き出してみましょう。

固定費変動費特別支出
家賃食費 (一月の平均は4万~7万のようです。)自動車(自動車税・車検など)
通信費(携帯、ネット)日用雑貨カード年会費
エンタメ(ネットフリックス、アマゾンプライム)金融機関からの借入 (消費者金融・リボ払い・キッシング)医療費
保険料 (自動車・生命など)美容・衣服冠婚葬祭など
会員制クラブ (ジムや習い事など)交際費 (飲み会など)家電購入
ローン (カード・マイホーム・自動車・教育・奨学金など)移動費 (通勤や休日の移動) 
金融機関からの借入 (消費者金融・リボ払い・キャッシング)  

特別支出はとりあえずおいといて、固定費と変動費をとりあえず合計してみてください。

変動費は大体で構いません。

いかがですか?

お金を奪っていく敵が見えてきたでしょうか?

3、最大の敵を分析→対策する。

PC画面

それでは、固定費を攻略していきましょう。

1)家賃

まずは家についてですが、基本的に月の手取り額の3割が目安と言われています。

手取りが20万円であれば、家賃に充てられるのは6万円までです。

これ以上は見直しが必要ですし、早期リタイアを目指すのであれば2割以内を目指したいところ。

投資金が多くなればそれだけ時期が早まりますし。

※私は元々家賃に関しては、会社の補助のおかげもあり、現在17,000円が家賃です(笑)

2)通信費

今なら楽天モバイル・楽天光に乗り換えましょう。

楽天モバイルは使用しなければ無料です。

※私は長年auで変えられないのですが、SPUのために実は現在2台持ち。SPUは使用しなくてもつくので。

支出を抑える意味でも楽天経済圏への移行も視野に入れるとこの二つに移行するメリットは高いです。

私の場合、光コラボでOCN→楽天光に乗り換え、SPUをあげるのと同時に4620円→0円(1年間無料)となりました。

マンションプランで1年後は4180円ですが、1年後も変える前より440円安いですね。

12ヶ月で5,280円得することになります。

とは言ってもすぐには変えられないという方は、契約内容の見直しをお勧めします。

(無料通話のオプション料・通信費(固定G数)など、適切なのか?)

テザリングオプションなどのオプション利用料(必要ないものつけていませんか?)

私はテザリング(500円!!)がずっとついててすごくもったいなかった!!

12ヶ月で6,000円です

3)エンタメ

インターネット時代、様々なサービスがサブスクリプションで提供されています。

動画サイトや音楽、アプリ使用料。

若しくは定期購入・レンタルなど。

形は様々ですが、一番怖いのはPCやスマホを変えた後、解除を忘れてそのままのものなどないでしょうか?

今使っていないセキュリィティソフトの年会費が引き落とされたりされていないですか?

私は更新前のPCのノートンの自動継続が発動していて13,398円の無駄銭を2年払ってしまっている状態でした( ノД`)シクシク…

4)保険料

生命保険は掛け捨てで、小額でOKと思います。

私は親族に保険屋がいて月18,717円の保険に入っていました(;^_^A

12ヶ月で224,604円です!!

4年ほど入っていたのでさすがに良いかと解約して、20万ほど戻ってきたけど、1年くらいでよかったよなぁ(-_-;)

保険については別で記事を書きたいと思いますが、毎月高いお金を保険に掛けるなら投資に回しておいたほうが良いことが勉強するとわかります。

投資を始めるきっかけになった両@リベ大学長の本はとても分かりやすくて、正直小学校から教科書として採用したほうが良いレベル!!

本当に早ければ早いほど良いですよ。(私ももっと早く両学長に出会いたかった・・・。)

自動車保険は・・・究極には自動車を手放すことをお勧めします

私は2020年5月に新車で一括購入して10年乗った車を手放しました。

保険代は月7700円、12ヶ月で92,400円払っていました。

ガソリン代、税金、保守、車検代を考えると少なく見積もっても年20万くらい払っていたでしょうか。

車をローンで購入している人なら年80万くらいになるかもしれませんね。

車を手放す決意をすることができれば、それだけで月5万円以上余力が出る人も多いと思います。

詳細はこの記事を見てみてくださいね。

ただ、まぁそう簡単にはいかない方もいると思います。

そんな方は保険を見直すことをお勧めします。

特にディーラーで契約している方はぜひ一度。

私は車を売却して1年となりますが、後悔したことはありません。

むしろ、歩くことが増えて健康になり、ガソリン代や維持費、税金、保険、車検代などが0に。

遠出する時や荷物が多い時ようにカーシェアを登録しましたが、固定費880円+変動費(使用した金額)のみ。

必要な時はレンタルで大体事足りるので、カーシェアさえいらないかもしれません。

5)会員制クラブなど

みなさんは健康のためとジムに通っていたりするでしょうか?

または英会話や習い事などはどうですか?

週一以上通っていて、身になっているのであればOKですが、見直した方が良い人も多いのでは?

私もジムの会費を払い続けていました。

会社の補助もあり2,900円だったのですが、12ヶ月で34,800円にもなります。

いつか行くとか健康のためとかの理由で中々決断に至らないのですよね・・・。

通っていなかったのでこれも解約しました。

6)ローン

投資を考えていくうえでは、ローンは最大の無駄と考えたほうがよいでしょう。

そもそも、一括で買えないものは不相応なのだと考えましょう。

家のローンや自動車ローン直ぐに物は手に入りますが、一括で購入するのに比べていくら余分に払うことになるのかよく考えるべきです。

また、家も、車も購入した瞬間に値下がる(資産価値が下がる)ことを考えると投資とは真逆の行為であると思います。

私は家は買っていないですし、車も現金一括だったのでここは無し。

借金0のきれいな体です(笑)

一括で買える場合や趣味・自分へのご褒美に買うのであれば良いとは思いますが。

7)金融機関からの借入

消費者金融・リボ払い・キャッシング、これらはすべて敵、近寄らないようにしましょう。

もし何か覚えがあるなら、すぐに返済してください。

手数料と利息を見てみましょう。

投資における利回りを勉強していくと、恐ろしいほど搾取されていることがわかると思います。

※事業のための借金は別です。

4、変動費は楽天経済圏へ

守る力と稼ぐ力の良いとこどり、

楽天経済圏移行しましょう。

楽天市場で買える食料飲料日用品はすべて楽天市場での購入とし、支払いは楽天カードおよび楽天ペイに。

楽天ペイが使えるコンビニやスーパーで期間限定ポイントを使用して食料や日用品、嗜好品を購入。

楽天マラソンなどを駆使すれば、月に1~3万ポイントもらう事はそれほど難しくありません。

5、守り切ったお金を育てる!

支出を見直し、楽天経済圏へ移行できれば月5万円以上は余力が出る可能性があります。

私は支出の見直しで1年間の合計484,082円、月額にして40,340円

車も手放して1年になりますので、月54,908円を守ることに成功!

さらに楽天経済圏に移行することで、月1万から3万ポイントをゲットできているので

結果、月10万円以上節約ができたことになります!

この守り切ったお金を育てるために、投資信託で5万円をまず積み立て設定することをお勧めします!

楽天証券にて5万円をカード支払いにすることで500ポイント毎月もらいながら投資することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA